一般社団法人芦屋青年会議所-JCI-

組織図CHART

組織図

組織図

組織図

組織拡大室

室長

村井 淳

基本方針

 社会の多様性がますます拡大し、社会の変化についていけない組織は消滅する定めにある現代、それは我々芦屋青年会議所も例外ではありません。地域に必要とされ続ける団体であり続けるために最も必要なのは、時代の変化を捉え、必要とされることを実行できる人材です。素晴らしい仲間と出会える、成長できる、挑戦する機会がある、感動できる、などといった魅力が溢れる活動を展開する、多くの若者を巻き込める組織を築き上げていく必要があります。
 まずは、各委員会メンバーやOB・OGと連携をし、積極的に新しい仲間と交わる機会をもつことで、芦屋青年会議所を中心とした人の輪を広げていきます。そして、できた繋がりを一時的なものではなく長く続いていくものにするために、多くの人が継続的に来たいと思える内容の事業を展開することで、人の繋がりをより強固なものにしていきます。さらに、新入会員を含めたメンバー全体の一体感を高めるために、メンバーが一丸となって卒業例会を創り上げ、今後の活動により積極的に参加していく活力を高め、芦屋青年会議所がますます魅力が溢れる活動を展開できる礎を築きます。また、誰もが心躍る素晴らしい芦屋の未来を作るために、若い年齢や女性のメンバーも積極的に活躍できるような環境づくりを一層進めていくことで、これまで以上に多種多様で有能な人材の活力と魅力に満ち溢れた、多くの人を巻き込める組織となります。さらに、天才や異能の方にも活躍していただくために、多様性を理解し敬意を育み、多様な人材を活用するダイバーシティの実現を目指す拡大室運営を行っていくことで、まったく新しい、しかし真に地域に必要とされる活動を生み出すことのできる、他に二つとない組織となります。
 多くの方が我々の活動に関心をもち、関わるきっかけを作り、新たに加わったメンバーが生き生きと活動し、そして人の輪が広がり、社会によりインパクトを与えられるような組織に成長し、想いをつなぐ麗しきまち芦屋へ、輝ける未来を実現します。

事業計画

1.新しい仲間と出会う事業(3月例会)の実施
2.家族を含めた、会員間の親睦を図る事業(5月例会)の実施
3.卒業例会(12月例会)の実施
4.会員の意識向上推進と会員拡大
5.会員の入退会に関する事
6.会員会議所との交流
7.各種会合への参加推奨
8.災害時における復興支援の対応
9.SDGs(持続可能な開発目標)の推進
10.理事長諮問に対する答申業務

地域のリーダー育成委員会

委員長

杉本 宏和

基本方針

 私たちは、先輩たちから引き継いだ明るい豊かな社会の建設と創造に向け次世代のリーダーを多く輩出し続けるJCであり、地域社会への貢献が求められています。昨今、国際的な社会へと日本は急成長を遂げているように、2019年は平成時代の終焉を迎え、新たな時代を迎えようとしていますが、依然として各地域では貧富の格差が存在し続けており、日本の伝統文化を継承しつつ国際的な競争力をもつリーダー育成が必要です。
 まずは、青年経済人として知識を深めるために、国際社会に適応できる能力と新たな知識を獲得することで、個人のリーダーとしての資質の底上げを図り一人ひとりの知識を寄り集めるために、自分と他者とを深く理解したうえでお互いに支え合うことで、組織としてのまとまりができ、より強固なリーダー育成を行うことができます。さらに、性別や年齢、職種などにこだわらず様々な人材との対応能力を高めるために、相手を尊重し合える関係を築くコミュニケーションの事業を行い交流が盛んになり、お互いの価値観や個性を認め合う柔軟性を培うことで、魅力あふれるリーダーへと成長を遂げることができます。また、日本人が誇れるおもてなしの精神を育むために、リーダーとしての気品ある立ち振る舞いを学ぶ事業を実施することで、相手を思いやる気持ちを育み、より多くの人々の心に響くおもてなしを提供します。そして、多大な被害をもたらす自然災害から芦屋のまちを守るために、自覚と責任を持ち合わせた地域のリーダーを育成することで、メンバー一人ひとりが防災・減災の意識を向上させ、災害時における復興支援の対応を率先して行動できるような仕組みづくりを行います。
 国際社会がより競争が激しくなるなかで、国際社会に貢献できる地域のリーダーとして子供や若者たちが芦屋のまちに愛着や誇りをもち、さらに、SDGsが掲げる持続可能な世界の実現に寄与し、想いをつなぐ麗しきまち芦屋へ、輝ける未来を実現します。

事業計画

1.青年経済人として知識を深める事業(4月例会)
2.青年経済人としてコミュニケーションを高める事業(6月例会)
3.青年経済人としておもてなしの精神を学ぶ事業(9月例会)
4.災害時における復興支援の対応
5.SDGs(持続可能な開発目標)の推進
6.理事長諮問に対する答申業務

地域の未来創造委員会

委員長

池田 真哉

基本方針

 わがまち芦屋は、山と海に囲まれた自然環境に恵まれたまちであり、また大阪と神戸の二大都市の間に位置し利便性にも優れており、多くの人々が行き交う活気のあるまちである一方で、時代の流れとともに地域の人々との交流や地域活動への参加意欲が希薄となっています。私たちは、人と人、人とまちとをつなげるため、わがまち芦屋の魅力を高め、多くの人たちが、芦屋のまちに愛着と誇りをもてるような機会を提供するとともに、活動を実施していく上で、SDGs(持続可能な開発目標)に関する理解を深め、SDGsの目標にある教育とまちづくりを意識した取り組みを行っていく必要があります。
 まずは、人と人とのつながりを深め一人ひとりのコミュニケーション能力を向上していくために、相手を尊重し思いやる気持ちをもつ人間力を養う事業を実施することで、人と人とのつながりに刺激が生まれ、地域の交流が活気溢れるものとなり、芦屋の人々との間で連携のとれたまちづくりを実現します。そして、人とまちとのつながりを深め希薄化した地域社会を乗り越えるために、芦屋というまちの魅力を共有することができる事業を実施することで、人々の地域活動への参加意識が向上し、芦屋を郷土愛に溢れるまちへと発展させます。さらに、新しい世代の人々が、永きに渡ってわがまち芦屋を個性に溢れ魅力あるまちとして愛着と誇りを感じてもらうために、芦屋の地域性の理解を深めることで新たな可能性を見出し、芦屋の変わらず守っていくものと変える必要があるものを明確にすることによって、未来に向けて芦屋というブランドをより高みへと昇華していきます。また、災害が発生した場合における対応を迅速に遂行するために、事業を通じて芦屋の人とまちとの連携を深めていくことによって、より迅速で的確な復興支援体制が構築されます。
 メンバーの一人ひとりが当事者としての意識をもって、人と人とのつながり、人とまちとのつながりの担い手となって、将来に向けたまちづくりの中心となる次世代の子どもたちに受け継がれていくことで、想いをつなぐ麗しきまち芦屋へ、輝ける未来を実現します。

事業計画

1.人と人とのつながりを深める事業(2月例会)
2.人とまちとのつながりを深める事業(8月例会)
3.新しい世代へとつなげる事業(11月例会)
4.災害時における復興支援の対応
5.SDGs(持続可能な開発目標)の推進
6.理事長諮問に対する答申業務

広報総務委員会

委員長

石田 慎也

基本方針

 総会や理事会をはじめとする諸会議の運営及び諸規則の改訂や運用並びに対外に向けた情報の発信は、芦屋青年会議所の根幹であり青年会議所運動の基盤をなす重要なものです。このような会議運営や情報発信の手法、諸規則の運用を、芦屋青年会議所の歴史の中で確立された伝統を受け継ぎつつも、時代の変化に対応させて、コンプライアンスや透明性の高い健全な財政運営を意識した効率的かつ効果的な組織運営を確立する必要があります。
 まずは、芦屋青年会議所の本年度の組織体制を確立し盤石なものとするために、総会の重要性やその意義をメンバーに周知し、一人ひとりの自覚と責任を向上させ、総会に対する意識を変革させることで、明確で統一された意思決定に基づく組織運営を実現します。そして、運動効果の高い事業を実施するために、理事会等諸会議の運営ルールを見直し、ルールを厳格かつ効果的に運用することで、有意義な議論を行うことのできる環境を構築し、所定の時間内で最大の効果が発揮できる諸会議を運営して、事業の効果を高めます。さらに、一人でも多くの地域の方に我々の運動を共感していただくため、実施する事業の内容を、コンプライアンスを遵守して、ホームページやSNSで発信することで、地域に対する影響力を高めます。また、我々の運動を地域に根付かせ、より大きなものとするために、芦屋市内外の諸団体の方々や各地会員会議所会員と交流を図り、親睦を深めることで、関係諸団体と良好な協力関係を築きます。そして、災害時に地域に貢献するため、我々が主導して復興支援の対応を担い委員会間の繋ぎ役として機能することで、素早い復興支援対応を行える組織にします。
 広報総務委員会が芦屋青年会議所の扇の要として、コンプライアンスや透明性の高い財政運営を意識した組織体制を構築し、効果的かつ効率的な組織運営を実現するとともに、地域に対する影響力を高めて、想いをつなぐ麗しきまち芦屋へ、輝ける未来を実現します。

事業計画

1.総会・理事会の設営及び運営
2.年度予算案及び年度末決算書の作成
3.ホームページ・SNSの管理・運営
4.地域との協力関係を深める事業(1月例会)の実施
5.魅力を伝え伝わる事業(7月例会)の実施
6.阪神7青年会議所合同例会(10月例会)の実施
7.災害時における復興支援の対応
8.SDGs(持続可能な開発目標)の推進
9.理事長諮問に対する答申業務